会社案内
Welcome to Our Company
Information

独自の機密書類即日溶解処理について

.機密書類の直送溶解処理

  (段ボール箱に入った書類のまま溶解処理致します)

   従来機密書類の溶解処理を行う方法として 
  1、 引取り→選分又はシュレッター・出荷梱包→搬入・製紙メーカー      

   一般的に機密書類を溶解処理する専門業者が行う方法です。この処理では、各工程で人が選分等の作業に介在すると共に別々の担当者が行います。人の手に触れる回数も多く情報漏洩のリスクが残ります。又引取り後、溶解処理するまで数日間を要することが多く、その間倉庫等で機密書類が滞留しています。

   2 、引取り→倉庫一時保管・選分→製紙原料問屋・選分・プレス梱包・出荷→搬入・製紙メーカー

  一般的に製紙原料問屋を介した溶解処理方法です。回収業者がお客様より預かった荷物(製紙原料)は倉庫で一時保管され、その後選分作業を経て、直納問屋へ納入されます。直納問屋でも一時保管後、他の製紙原料(機密性の有るもの無いもの)と一緒に選分作業後にプレス梱包され、製紙メ―カーへ納入されます。

★アイ・エコロジーでは、各プロセスでのリスク発生の危険性を少なくし、且つ、引取りから製紙メーカーのパルパー(溶解処理設備の第一工程)投入まで、お客様から引取った担当責任者が厳重な管理体制のもと、即日溶解処理いたします。            

.トレサビリティ(引取・溶解履歴管理)の提供

    溶解証明書の発行だけでは、安全・確実に処理したか保証の信頼性を確定できません。

   そこで、引取り後のプロセスを明確にする為、溶解処理までの履歴管理情報を溶解証明書に添付します。さらにご要望に応じて午前中に引取ったお客様にはIDナンバーを機密書類箱に付けて溶解工程の写真を電子メールへ配信致します。直接、立会い無しでも安心です。

3. 低コストで高いサービス品質の提供

        従来、機密書類を機密を保持したまま古紙原料として処理するサービスは1s35円〜200円で相場が定着しています。アイ・エコロジーでは、相場価格より安い価格で提供いたします。
引取りから溶解投入までの工程をA・B・C原価計算の手法で分析し、見積金額を算定します。お客様のご要望により溶解工程での立会い確認のご案内も致します。
今後もトレサビリティの情報提供をはじめ、信頼性がより高いセキュリティシステムの確立と業務改善及びコスト削減を、お客様の声を聞きながら構築してまいります。

リストマーク
即日溶解処理
ライン
連絡先